Borderlands2発売。

国内版の発売はまだ1ヶ月位先になるけど、事前にSteamで予約していたので国際版として起動してみた。

当然ながら起動時に国チェックが入るので初回の復号化の際にはVPNの利用が必要。

ちなみに毎回VPNを噛ませるのが面倒な場合は、exeの入っているフォルダ内に「steam_appid.txt」というテキストを作成し、ファイル内に「49520」とだけ記述しておけば、毎回VPNを噛ませる必要はなくなる。

今回は”Private Tunnel“というVPNサービスを利用してみた。

無事起動成功。
国際版なので当然英語になるだろうと思っていたら完全日本語対応だった。
テキストも音声も日本語。

 

キャラクターエディット。
前作ではRolandを使用したので似たような系統っぽいAxtonを選択しようと思ったものの、タレットが弱いという噂を聞いたので結局Zeroを選択。
 今作は、キャラクターエディットで頭と配色を変更出来るようになっている様。

予約特典をゲット。内容は下記のような感じらしい。

* Gearbox Gun Pack(ギアボックス ガンパック): 個性溢れる黄金銃(ゴールデンガン)を持ってパンドラへの旅に出ましょう。
* Golden Key(ゴールデンキー): これを使ってSanctuaryにある謎の財宝箱からレアアイテムをゲットしよう!
* ヴォルトハンター・レリック: ヴォルトハンター・レリックを使うと、良い装備品を入手しやすくなります!
* メクロマンサー: 追加プレイヤーキャラクタークラス「メクロマンサー」をダウンロードして利用可能になります。

とりあえずチャプター2の途中まで進行。

前作もそうだったけど、序盤に登場する自分よりLvの若干高い動物系のエネミーが結構手強い。
スナイパーライフルと、単発のショットガンで進んでいっているせいかもしれないけど。