GTA4が積みゲーリストに加わり、プレイするゲームがなくなったので、Crysis Warheadを買ってきた。

Crysis Warhead(以下WH)はCrysisシリーズ全3作(予定)には含まれず、1作目の外伝的な作品らしい。主人公は前作主人公と同じラプターチームに所属するサイコで、1作目の港攻略後に前作主人公のノーマッドと別れた後、どういった行動を取り空母にたどり着いたかという内容の様。

いくつかのビークルと武器が追加された。前作で登場した武器でもカラーリングが変わっているものも。

前作のイベントシーンはHLの様な1人称で進んでいったが、今作ではイベントシーンは3人称視点に。

死屍累々。近作は前作よりもはるかに多い敵が同時に攻めてくる。隠れて進むスニークアクションで進むよりもナノスーツのパワーでごり押しランボープレイの方がテンポ良く進められるかも。

時系列的にWHは前作の中盤あたりから始まるので、序盤からアイスフィールドが舞台となる。また、アイスフィールドが舞台となることで、朝鮮兵はナノスーツ兵だけとなる(通常の兵士は凍死している)。前作では見られなかったエイリアンvs朝鮮ナノスーツも見ることが出来る。

前作では米製ナノスーツを装備していたのはラプターチームのみだったが、今作では他のナノスーツ部隊も登場し、共に行動を取る箇所がある。前作の壊れた隊長とは違い非常に頼りがいのある味方だ。

まだ3ステージ目をクリアしたところだけれど、敵をばったばったとなぎ倒していけるので非常に爽快感があり今のところはすごく楽しくプレイしている。問題は後半か…